あおしまの日記

あおしまさんの日記らしいです。個人的に興味がある事を時々書きます。スマートウォッチPebble日本語パックを作成、公開しています。

Pebble日本語言語パックのダウンロード先変更(2020年9月)

Yahoo!Box 公開サービス終了

今まで、私のPebble日本語言語パックのダウンロード先は、Yahoo!Boxというサービスを利用しておりましたが、9月1日からそのサービスがファイル公開機能を停止したため、日本語言語パックがダウンロードできないようになっておりました。(言われて気づいたYahoo!Boxの機能終了orz)
info-box.yahoo.co.jp

そこで急遽、ファイルの置き場とダウンロード先を変更いたしましたので、ここに告知します。

Pebble日本語言語パックの新しいダウンロード先

  • aktmono モノクロ機種用(日本語フォント、機能表示翻訳あり) 

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/aktmono.pbl

  • aktbig3 大きな文字用(日本語フォント、機能表示翻訳なし)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/aktbig3en.pbl

  • akt10en カラー機種を含む全機種用(日本語フォント、機能表示翻訳なし)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/akt10en.pbl

  • akt10jp カラー機種を含む全機種用(日本語フォント、機能表示翻訳あり)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/akt10jp.pbl

ついでにお知らせ

もう色々なスマートウォッチも出て来ておりますし、今更Pebbleでもないとは思いますが、やっぱりこれがいい、という方に向けて、細々と修理済みPebbleSteelを頒布しております。バッテリーと液晶表示の修理を施してあります。個人的な趣味でやっておりますが、ありがたいことに、今までお分けした方からは、壊れたという報告はいただいておりません。
ご興味がある方は「メルカリ」というところをお探しください。
また、機種によってはお手持ちのPebbleの修理も承っております。個人の趣味の範囲でやっております。コメント欄にてお問い合わせください。

久しぶりにPebbleTimeSteel

Pebble Time Steelの分解と電池の交換を行いました。手元にあった中古のKickstarter配布分で実験です。

コロナの関係で私生活でバタバタしていたり、資材が整わなかったのもあって去年1年間は手を出していませんでしたので久しぶりでしたが、やり方は覚えていたようで、電気的に、またクリアランスとしても、トラブルなく進められました。

まだ液晶は置いただけで、封止はしていません。何度か充電して、様子を見てから行います。
バッテリーはその昔サンプルとして入手したもので、市販品ではありません。*1海外ですと未だにsugruで接着だとか3.7V品でやったりしている人がいますが、個人的には?です。

f:id:aoshimak:20210323003426j:plain

余談ですが、ケースの隅に余計なEリングが一つ入っていました。
製造はバタバタだったんでしょう。通電中に回路上に転がって来なくて良かったですね。

*1:一時期良かれと思って数人の方に譲ってはみたものの、結局使いこなせる人がいなかったので、勿体ないので以後やめた経緯があります。特に外国の方は挑戦して中に収められずに失敗する方が多かったようです。そういう意味ではクリアランスは非常にシビアです。

久しぶりにPebbleの話題

Rebble sideload app

Rebbleから突然、Sideload appなるものが登場してました。
Androidのアプリで、ウォッチフェイス、言語パック、ファームウェアを導入するときに
ファイルマネージャーと協働して導入を補助するもののようです。
rebble.io

今の所、公式のFirmwareでの動作を確認しています。
残念ながら私の言語パックはinvalid fileで弾かれるようです。
理由を製作者に問い合わせ中です。

アプリ自体の日本語メッセージは17個程でしたので、翻訳に参加しました。
先日取り込まれたようですので、そのうちupdateされた際には表示が日本語化されるでしょう。

追記:2021/02/11

Ver1.3で日本語対応となりました。また、私の言語パックも取り扱えるようになりました。
(ただし、Pebbleアプリに処理が渡った後は英語になります。これはしょうがないことです。)
日本語化するための準備がこれ一つ入れるだけになりますので、一段と楽になると思います。

Pebbleの修理について

感触としてですが、未だにPebbleを使われている方もだいぶ減ってきたのではないかなと思います。
他の時計に移行された方も多いと思います。

私個人の事情や部材の不足などでなかなか踏み出せなかったのですが、
状況が整いましたので、個人的に修理を受けてみようかなと考えています。
1個5000円ぐらいを予定しております。

できるのは、PebbleSteel、初代Pebble、PebbleTimeSteelの3種類です。
あと若干数ならroundもできます。

なお初代PebbleとPebbleTimeSteel、roundについては、開けてみたら修理が難しい場合がありますので、
開けて修理不能の場合は引き取らせていただく前提で承りたいと考えています。
ですから当初は予備機に切り替えられた方が、最初に使っていた機種を修理するなどの用途に
お使いいただければと考えております。

ご興味がある方はコメント欄にてご連絡ください。

LIXIL B21-HCRを自力で作ってみた(風呂の排水口のストレーナー)

事の発端

風呂の掃除をしていた時に、ストレーナーを掃除したところ、経年劣化で割れた部分が出来た。

購入検討

LIXILB21-HCRという型番らしい。 1個132円。
本体価格のわりに送料が結構高い。
しかも1つ買って数年使う事になる。たくさん買ってもあまり意味がない。

しかも、プラスチック部品......!

という訳で、3Dプリンタでの出力に挑戦する事にしました。

設計

採寸して、OpenSCADで形を作りました。
あまり薄肉だと割れやすかったり成型に失敗しそうなので、肉厚を1.5mmに拡張しました。
(サポートを剥がすときにも筐体強度はあったほうがいいので。)

私は3DCADの操作が苦手なので、基本的にOpenSCAD使ってます。
こういう幾何学図形の組み合わせ、特に繰り返し部分があるのはOpenSCAD便利です。

出来ました

という訳で、こんな感じになりました。

f:id:aoshimak:20210131121202j:plain

出力

実物は左、3Dプリンタ製の物は右です。
f:id:aoshimak:20210131121845j:plain

公開

もしSTLがあれば自分も出力してみたいと思う、検索でたどり着いた未来の奇特な方のために、おすそ分けです。
www.thingiverse.com

配布ファイル内のSTLデータを出力してください。
この形状なのでサポートは必須です。線形サポートの方が外しやすいと思います。
OpenSCADに興味がある方はソースを覗くと面白いかもしれません。

注意事項

肉厚にした分、純正に比べてごみが詰まりやすいなどのデメリットもあると思います。
お使いになるのは自己責任でお願いします。

後日談

どうやらタカラスタンダードの一部のシステムバスでも使用する部品らしいです。
品番10190869 型番は同じB21-HCRです。
support.takara-standard.co.jp

家のスイッチについてのメモ

前提

  • 数年前に家をリフォームした。
  • その際、スイッチ類をコスモシリーズワイド21に刷新した。 

www2.panasonic.biz

  • 1度電気屋さんに配線をお願いし、後日追加でお願いしスイッチを変更した。
  • その間、いろいろな機能について知ったので、自分の備忘録のためにまとめておく。

基礎知識

  • 壁に配線ボックスが設置されている前提
  • 構成要素は、大まかに 金属のフレーム、スイッチ本体、樹脂の土台フレーム、プレート(スイッチを押す部分)、外装フレームに別れる。
  • 金属のフレームには6個の爪があり、スイッチには2個から4個の爪がある。この爪に、スイッチ本体をはめ込んで配置し、最後にプレートと合わせることでスイッチとして機能する。
  • 標準的な金属のフレームには、1個、2個、3個のスイッチを設置できる。
    • スイッチ1個の場合はシングルと呼び、標準的なスイッチは中央に1個使う。プレートはシングル用の大きいものを使う。
    • スイッチ2個の場合はダブルと呼び、標準的なスイッチは上端と下端に2つ使う。プレートは1/2サイズのものを2枚使う。
    • スイッチ3個の場合はトリプルと呼び、標準的なスイッチは上段中段下段の3個使う。プレートは1/3サイズのものを3枚使う。
  • 機能を持つスイッチの場合、回路部分がスイッチ2個相当の大きさを持つものや、金属フレーム自体が特殊なものがあるが、残った部分には標準的なサイズのスイッチが1個は入るように作られているので、他のスイッチと組み合わせることができる。
  • 以上の特性をうまく使い、金属フレームにスイッチを組み合わせたうえで配線し、配線ボックスにネジで固定する。
  • その上から樹脂の土台フレームをねじ止めし、スイッチ本体にプレートを取り付ける。
  • 最後に外装フレームを取り付けて完成する。
  • 標準的なスイッチにはLEDライトで点灯を知らせるもの、スイッチの位置を知らせるものがあり、対応するプレートには、LEDランプ部分が透けるものがある。
    • プレートには文字札が入るものがあり、そのスイッチがどの照明と繋がっているかわかりやすくできる。
    • プレートに文字札を入れる場合は、外装フレームを外し、プレートをスイッチから取り外した上で、プレート裏の部品を取り外して文字札を挿入する。

玄関

玄関メイン照明は人感ダウンライトを使用しており、ダウンライトのセンサー設定はスイッチ入切によるコマンド送信が必要。そのため、スイッチ自体は必要。しかし、いつもは切ってしまわないように防護が必要となる。そこで、スイッチカバーを使っている。

サブ照明用はスイッチ1+コンセント2。照明プラス、最近は玄関先でいろいろ電気を使うので、コンセントも付けた。 これでアロマディフューザーや、空気清浄機が置けるようになった。

トイレ

トイレは、照明用と換気用でダブルスイッチ。換気扇は一定時間で自動停止するように、タイマ式スイッチを使用(下段)。物としてはほぼこれだが、照明側(上半分)のスイッチをあとで変更した。

トイレの照明は扉を開けないと動作がわからないことから、照明側(上半分)はスイッチの状態を表示させたい。そこで、入切表示機能付きのスイッチに後日交換した上で、カバーで保護して無意識に消してしまわないようにした。

居間、個室

居間や個室は、照明側で防犯機能を持たせると選択肢が狭まるので、スイッチ側で時間制御させている。
この方が、照明のバリエーションが自由になるので、スイッチが高くてもおすすめ。
シーリングライトの防犯機能(ランダム点灯消灯タイマー機能)の有無で大体5000円の差異があり、結局はトントン。


 居間のサブ照明に、どーでもいい白熱電球的なものが必要になったが、電球はどんどんなくなっていくし、あまり大きなライトはいらないという事で、後日買い足した白熱灯的な小型のLEDシーリングライト。これがなかなか良い。  埋め込みローゼットに取り付けるだけ。スイッチ入れたら白熱色の照明がつくだけ。単機能。現代の白熱電球とも言える一品。

風呂

 最初はホタルスイッチのダブルで照明+換気扇にしていたが、換気扇はOFFタイマーがあった方が時間で止められるという事で、後日タイマー付スイッチを購入し、ホタルスイッチのハンドル(スイッチプレート)をトリプル(3段)に変更した。この場合、スイッチ本体は変わらない。スイッチを固定する場所と、ハンドル(スイッチの押し込む板)のサイズが変わるだけ。

その他あると便利なもの

  • スイッチ用ネームカード  WVC8321W 
  • ホームセンターで購入。安いので1つ買っておいて損はない。

 -プレート外し器 WV8400 

2021年のカレンダー

2021年のカレンダーができました

早いものでもう1年が過ぎてしまいました。

伊東屋カレンダーが買えなかったので自作した話」から早くも足掛け7年。
今年も、2021年のカレンダーを自作しました。
aoshimak.hatenadiary.jp

f:id:aoshimak:20201006104208j:plain
f:id:aoshimak:20201006104225j:plain

毎年余っているので、今年はBoothさんというところをお借りして
もう少しちゃんと売ってみる事にしました。
1枚200円、送料が定形外郵便(規格外)で220円 です。
丸めて送ります。

ご興味がある方はこちらからどうぞ。
aoshimak.booth.pm

このカレンダーについて

経緯と製作背景については、こちらの記事にまとめてありますので、ご興味がある方はご覧ください。
aoshimak.hatenadiary.jp

Palm Portable Keyboard をUSB接続化(2020年)

Palm Portable Keyboard

ふた昔ほど前、Palmという名のPDAというものがありました。シンプルなCPUで、乾電池駆動。通信はシリアルベース。そのシリアルポートを介して、多種多様な拡張機器が作られました。

中でも画期的だったのは、4つ折りに畳めるフルサイズキーボード、Targus Stowaway Keyboardと、そのOEMである、Palm Portable Keyboardでした。

QMKのあたりを調べていたら、やはりArduino+QMKでUSBキーボード化できそうなので、挑戦しました。

qmk_firmware/converter/palm_usb

基本情報はこちら。
https://github.com/qmk/qmk_firmware/tree/master/keyboards/converter/palm_usb

もともとは、こちらのコードを、QMKの枠組みに移植したものらしい。
こちらでは、接続端子も3Dプリンタで作るように、作例とデータが公開されています。
https://github.com/cy384/ppk_usb

ただ、コネクタだけだと使い勝手が悪いので、ちょっと改良して、ProMicroを収められる一体のコネクタを作成してみました。

  • PalmIII用

www.thingiverse.com

  • PalmV用

www.thingiverse.com

PalmIIIとPalmVは、ピンと配線が一緒です。
端子用のワイヤーは、海外の人の表記なのでAWG26(でもEther線を剥いて使った)とありますが、私は0.45mmの銅ワイヤーを使いました。0.55mmでも良いかもしれません。
https://www.yodobashi.com/product/100000001002995784/www.yodobashi.com

上から通して、下に回し、もう1度上に回してグッと引っ張ると、動かなくなります。

ProMicroを使う場合、使う端子が2、3、5、7、GNDなので、USB端子を左に向けて配線すると、スマートに仕上げられると思います。GNDだけ空中に被覆線を使うと便利でした。銅針金はハンダ濡れが悪いので、紙やすりで擦ると良いです。(完成写真はThingiversにあります。)

https://cdn.thingiverse.com/assets/31/0a/f3/25/59/PalmIII_ProMicro.jpg
https://cdn.thingiverse.com/assets/18/c9/51/b0/1b/PalmV_ProMicro.jpg


QMK_firmwareの書き込み

標準ファームウェアをダウンロードして、QMKToolboxで書き込みます。
ピンセット等でリセットして、違うデバイス名になってるスキに書き込みます。

動作確認

USBケーブルをつなぎ、キーボードのPalm用端子に変換回路を差し込みます。
パソコン側の入力を確認します。文字が打てたらOK。
動作が確認できたら、ProMicroを両面テープでケース内に固定します。

配列を変えたい

QMK configuratorを使って、カスタムファームウェアを作ることができます。それを持ってきて、QMKToolboxで書き込みします。

感想

結構使える感触を得ました。タブレット等と使うと、持ち運びもコンパクトで、面白いかもしれません。

Pebble日本語言語パックのダウンロード先変更(2020年9月)

Yahoo!Box 公開サービス終了

今まで、私のPebble日本語言語パックのダウンロード先は、Yahoo!Boxというサービスを利用しておりましたが、9月1日からそのサービスがファイル公開機能を停止したため、日本語言語パックがダウンロードできないようになっておりました。(言われて気づいたYahoo!Boxの機能終了orz)
info-box.yahoo.co.jp

そこで急遽、ファイルの置き場とダウンロード先を変更いたしましたので、ここに告知します。

Pebble日本語言語パックの新しいダウンロード先

  • aktmono モノクロ機種用(日本語フォント、機能表示翻訳あり) 

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/aktmono.pbl

  • aktbig3 大きな文字用(日本語フォント、機能表示翻訳なし)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/aktbig3en.pbl

  • akt10en カラー機種を含む全機種用(日本語フォント、機能表示翻訳なし)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/akt10en.pbl

  • akt10jp カラー機種を含む全機種用(日本語フォント、機能表示翻訳あり)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/akt10jp.pbl

ついでにお知らせ

もう色々なスマートウォッチも出て来ておりますし、今更Pebbleでもないとは思いますが、やっぱりこれがいい、という方に向けて、細々と修理済みPebbleSteelを頒布しております。バッテリーと液晶表示の修理を施してあります。個人的な趣味でやっておりますが、ありがたいことに、今までお分けした方からは、壊れたという報告はいただいておりません。
ご興味がある方は「メルカリ」というところをお探しください。
また、機種によってはお手持ちのPebbleの修理も承っております。個人の趣味の範囲でやっております。コメント欄にてお問い合わせください。