あおしまの日記

あおしまさんの日記らしいです。個人的に興味がある事を時々書きます。スマートウォッチPebble日本語パックを作成、公開しています。

Pebble日本語言語パックのダウンロード先変更(2020年9月)

Yahoo!Box 公開サービス終了

今まで、私のPebble日本語言語パックのダウンロード先は、Yahoo!Boxというサービスを利用しておりましたが、9月1日からそのサービスがファイル公開機能を停止したため、日本語言語パックがダウンロードできないようになっておりました。(言われて気づいたYahoo!Boxの機能終了orz)
info-box.yahoo.co.jp

そこで急遽、ファイルの置き場とダウンロード先を変更いたしましたので、ここに告知します。

Pebble日本語言語パックの新しいダウンロード先

  • aktmono モノクロ機種用(日本語フォント、機能表示翻訳あり) 

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/aktmono.pbl

  • aktbig3 大きな文字用(日本語フォント、機能表示翻訳なし)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/aktbig3en.pbl

  • akt10en カラー機種を含む全機種用(日本語フォント、機能表示翻訳なし)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/akt10en.pbl

  • akt10jp カラー機種を含む全機種用(日本語フォント、機能表示翻訳あり)

http://aoshimak.sakura.ne.jp/pebble/akt10jp.pbl

ついでにお知らせ

もう色々なスマートウォッチも出て来ておりますし、今更Pebbleでもないとは思いますが、やっぱりこれがいい、という方に向けて、細々と修理済みPebbleSteelを頒布しております。バッテリーと液晶表示の修理を施してあります。個人的な趣味でやっておりますが、ありがたいことに、今までお分けした方からは、壊れたという報告はいただいておりません。ご興味がある方は「メルカリ」というところをお探しください。

さらにお知らせ

一部機種の修理が出来るようになりました。お手持ちのPebbleの修理も承っております。個人の趣味の範囲でやっております。
コメント欄にてお問い合わせください。(コメント欄に書き込みますと、承認しなければ管理者の私だけに見える形になっております。)

Pebble修理のご相談窓口を作りました

こちらで修理のご相談をお受けする場合、わざわざ「はてな」にアカウントを作ってコメントを書き込まなければならないことを考えると少し面倒ですので、別の場所に受付窓口を作りまして、そちらからも修理のご相談を受け付ける事にしました。以下のサイトの下の方に書き込み枠がありますので、そちらからどうぞ。*1
fixpebble JP | aoshimak

*1:敷居を下げる事には少し悩みましたが、ダメそうでしたら閉じます。

BIOSTAR J4105NHU を買ってみた

とある軽作業用途に1台パソコンが作りたくなりまして、手頃な基盤を物色しているといい具合の基板が出ていましたので購入しました。
BIOSTAR の J4105NHUです。

CPU直付も死に絶えつつあるなか、絶妙なバランス感と、意外と考えた設計なことが気に入りまして即購入。
M.2が刺さるのが特筆点。ほぼワンボードマイコンの扱いです。

その後、周辺部品を吟味した時に、いくつか落とし穴がありましたので、備忘録的にメモ。

  • メモリは上限4GBx2枚となっていますが、8GBx2枚(DDR4-2666/XMP2.0対応のもの)でも行けました。ただし認識はDDR4-2400でした。
  • M.2SSDはPCIe Gen2x2となっていますが、Gen3x4の物を差し込んでも動きました。
  • 内部USBポートはUSB2.0が2口(4ポート分)です。
    • これはアノ用途を考えての物かなと邪推しています。
    • ケース用USBが3.0の場合、変換ケーブルを介して繋ぎます。



という訳で、メモリ16GB、SSD500GBという豪勢な構成でも3万円でお釣りが来た形です。
ケースは、エアフローを考えて、昔のケースの方がいいかなあ?と思っています。今のケースはデカ過ぎますね。

コクヨ「MEDIAPASS」は生きていた!

(なんか「竜王は生きていた」みたいな出だしですが......。)

自室の荷物を整理していまして、ダンボールに無造作に入れてあるCDの整理に着手しようとしました。
そのために結局容器を何か薄型ホルダーに入れ替えないと体積は減らないという事で、良さそうなホルダー類を探していたわけですが、手元に少し残っていたコクヨMEDIAPASS(メディアパス)というのが優れものでした。一部これを使って整理していたのですが、今からこれを継続再開したいとなって同じものを探しました。

検索すると、「難民です」「どこにいけば売っていますか?」のような質問が散見され、しかもごく近年の情報なので絶望。どうやら2019年ごろ?に販売終了となったらしく、あとは百均等のスリーブを活用という話が主流のようです。コクヨMEDIAPASS専用ページでも、全ての商品が販売終了かのように書かれています。
www.kokuyo-st.co.jp

しかし、付属紙類のことを考えるとあれが継続できればいいなあ、と思って、しつこく探したところ、どうやら100枚組の新しい商品として継続していて、それであれば購入可能だということがわかりました。

またこの型番で探すと、存続商品がいくつかある事もわかりました。
www.kokuyo-st.co.jp

早速買い込みまして、整理を始めたところです。

CO2濃度計を分解した

f:id:aoshimak:20211023233006j:plain

前書きに代えての予備知識(偏見)

以下はあくまでの私個人の偏見によるものです。

リチウムイオンポリマー電池について

リチウムイオンの動きを使う化学反応によって充電放電を行う充電池。リチウムイオンをポリマーに混ぜることで形を自在にパッケージできる特徴がある。密閉が破れると内部に貯められたエネルギー量によっては火花を出して発火、爆発することもある。弱点は充電しながら使うこと(=短時間の充電放電の切り替わり)、過充電、過放電。これにより充放電性能が落ちると膨らむ事があり、また発熱、最悪発火する場合もある。。

世界最大の雑貨街

中国には世界最大の雑貨街があり、ビル何棟もの規模だと言われる。そこで売られる雑貨は世界各地のバイヤーによって買われ、方々で売られている。安いものは100均などに、もう少し上の価格帯のものは、日本だとAmazonあたりで謎なアルファベット文字列のブランド名が付き、なぜか複数のブランドで同様の物が売られている事を目にする。

中国の「電子部品」

パーツ屋が集積し、様々なパーツが飛び交う。正規なものから怪しいルートのもの、中には検査不合格品や使用済み機器から取り外したものなども再生流通しているらしい?

中国の「会社設立」

大雑把に言えばお金を借りて会社を立ち上げるが、銀行からではなく個人からお金を集める事が多い。利回りを付けて返済をしていく形を取る。出資者への返済を超えて自分が儲けるために、稼ぎを最大にするためのあらゆる努力を惜しまない。

  • 例えば、納品個数に足らないものがあれば、間に合わせのためにいくつかの部品を検査落ち品、再生品などで間に合わせる、など。(特に外装に影響しない部品はよくやります。感熱センサーが入っていない体温計などが好例。)
  • 部品生産であれば、検査落ち品をOK品として出荷してしまう、など。

<ここから本題>CO2濃度計を分解してみた

さる事情から、CO2濃度計を入手し使用してみた。もちろん中国製のものを日本向けの箱に入れて売られているもの。

ある時、値が上限に振り切れる事が続き、中身を分解することにした。中には小型マイコンによる回路、温湿度センサーがあり、ケーブルで繋がる先に多用途ガスセンサーが繋がれていた。ガスセンサーはTPM-300。ネット上に唯一あった情報*1から推測すると、2ビットの旗上げよろしく空気の状態をHi/Lowでお知らせするセンサーらしい。
センサーの加熱に1分ほどかかり、その後測定に入る。センサーは4段階で空気の状態の「変化」のみを知らせる事ができる。具体的にはガス物質の量が「ない」「ちょっとある」「そこそこある」「多い」の状態。4面サイコロのような物。
空気のガスの状態をこのような単機能のセンサーで計るには無数の計測(サイコロを振る)を繰り返す必要があり、その良い悪いが釣り合う点まで到達してからが実際の測定となる。そのサイコロの目の傾向から空気の質の方向性を計算で割り出し、現在の空気の状態、並びにその中のある特定のガス物質を割合として算出しているようだ。だから常に測定を続けていないと、早く定常状態にならない。そのためには常に通電しておく必要がある。

内部にはもう一つワイヤーで接続されたものがある。リチウムポリマーバッテリーである。これはおそらく、センサーを常に動かし、測定を続けるためのもの。電池なしで立ち上げを試してみた。数値が程なくして6000まで上昇した後、ジリジリと下降し、最終的に400ppmを底とした安定状態に入った。この間9分ほど。測定するのに9分も待てないニーズのために、電池を入れているものと思われる。

しかし、実際の用途においては、ずーっと通電しっぱなしのシーンを多く見かける。電池を抜かずに通電し続けるのは、リチウムポリマー電池が一番不得意な「充電」「放電」を短期間に繰り返す動きになる。良いリチウムイオン電池であれば、電池の能力が弱くなって膨らんでも、外側のカバーが膨らんだまま破裂しない。しかしカバーが破れると、ことによっては発熱、発火する場合もあるだろう。

想像してみよう

  • もし、リチウムイオン電池が、間に合わせでNG品を出荷し、それが組み込まれていたら。
  • もし、機器製造会社が、間に合わせで怪しいリチウムイオン電池を組み込んでいたら。
  • もし、機器製造会社が、間に合わせで怪しい電子部品を回路に組み込んでいたら。
  • もし、そんな中の一つをあなたが購入していたら。
  • もし、そんなあなたのCO2濃度計が、常時通電していたら。
  • もし、CO2濃度計の中のリチウムイオン電池が、長い期間の連続通電で充放電の能力を衰えさせているとしたら。

その後

私は上記の可能性を考え、使用を中止することにした。火災のリスクを背負ってまで使うものではないから。

またこの機器が表す数値はCO2の濃度ではないものを測っている事がわかった*2ので、代替案を考えた。 
CO2を狙って計るセンサーを使い、濃度計を構築した。センサーだけで8000円、マイコンと合わせて13000円ほどした。つまり、CO2センサー単体の価格より安いものは、簡易的にすぎる子供騙しの計測機器であり、その安価なセンサーの劣った性能をカバーするためにリチウム充電池を内蔵している事が考えられる。

その設置事情(飲食店での換気の目安など)と、リチウムイオンポリマー電池の弱点を考えると、安値をはるかに上回る損失(出火、火災)を生み出すリスクが背後に潜んでいる。CO2濃度を目安とした人の密集度は、新型コロナウイルス感染拡大防止にはそもそも無意味であると考える。更に冬になれば暖房が排出するCO2や石油ガスを検知する割合も高くなり、人の密集度によるCO2濃度の目安値が意味を持たなくなる。

そろそろ、CO2濃度計による火災リスクを考えて取捨選択する時期かもしれない。

2022年のカレンダー

2022年のカレンダーができました

早いものでもう1年が過ぎてしまいました。

伊東屋カレンダーが買えなかったので自作した話」から早くも足掛け8年。
今年も、2022年のカレンダーを自作しました。
六曜入りでシンプルなものをお探しの方にご好評いただいております。
aoshimak.hatenadiary.jp

f:id:aoshimak:20211015215003j:plain

毎年余っているので、昨年からメルカリとboothで頒布しておりますが、
2021年分は意外とメルカリで売れましたので、今年もそちらで販売します。
*1

1枚ですと200円プラス、送料が定形外郵便(規格外)で220円 です。
2枚以上ですと送料が変わりますのでご相談ください。1枚を2回買うよりもお安くできます。
丸めて送ります。

ご興味がある方はこちらからどうぞ。
aoshimak.booth.pm
なお、複数枚希望の方は別途ご連絡いただいた方がお安くなります。

このカレンダーについて

経緯と製作背景については、こちらの記事にまとめてありますので、ご興味がある方はご覧ください。
aoshimak.hatenadiary.jp

*1:boothさんはイマイチ売れないし入金遅いし、撤退気味です。

Pebble Time Roundの修理

先日、当ページを通じまして、PebbleTimeRoundの修理依頼がありました。

症状は電池が膨れて蓋が開いてしまった状態でした。
時計としての動作は完全でしたので、分解、電池交換、アンテナばねの追加を行い、
動作確認の上で封止しました。

分解修理自体はすぐに終わりましたが、充電と放電の動作確認に時間を掛けましたので、
お返しまで2週間ほどお時間をいただきました。元通りの形になってお返しいたしました。

Roundの修理承っております。交換用電池もまだ手元にございます。
返送料コミ5000円にて承っております。(往路の送料はご負担ください。)

他の機種も修理を承っています。コメント欄にてお問い合わせください。(コメントは承認しなければ私だけが見えます。)

f:id:aoshimak:20210816123014j:plain

PebbleTimeRound解体掃除

f:id:aoshimak:20210713005843j:plain

今回上げるのはPebbleTimeRoundの解体と掃除です。

Beforeを撮り忘れましたが、一度風防が開いてしまったあと、エポキシ接着剤で無理矢理貼り付けたけれども、それでも開いてしまった為に、ジャンク扱いで入手した物です。

両面テープの基材スポンジとエポキシが混ざり合って固着し、またガラス面や金属ケースに多量のエポキシ接着剤の残渣がこびりついておりましたが、接着面は鏡面仕上であるのと、エポキシさんがちゃんと固まっていてくれたおかげもありまして、彫刻刀でうまくさらってあげるとパリパリと剥がれてくれました。
この個体はなぜかアンテナ用バネが余計に1つ入っておりまして、変なショートを起こさなくてよかったね、と思いました。*1
ただし接着剤の塊をバネから取るのは難しく、2つは廃棄して1つ補充する形となりそうです。*2

液晶とベゼル部分は漏れ出したエポキシで余計な接着が強固に行われておりましたが、これも何とかキズなく解体できました。その後内部清掃、分解、電池の交換を行い、動作と充電確認までこぎつけた所です。今のところ動作に問題はありません。

このまま動作状況が良ければ、今後封止とバネ補充を行う予定です。

*1:PebbleTimeSteelの中にボタン固定用のEリングが1個余計に入っていたこともありましたので、あるあるです。

*2:2年ほど前に製作した互換バネの在庫がまだある。

Pebble2の封止

f:id:aoshimak:20210623071021j:plain

先日まとめてPebble2を封止しました。
毎回1個ずつやるとノズルが使い捨てなのでもったいないのと、修理依頼の品もありましたので、
まとめて3個作業しました。予めケースの移植作業を行い、充電ほか機能に問題がない
ことを確認した上で、最終的にシリコーンで封止しました。

先日1個試した時は普通のシリコーン充填剤を使いましたが、封止剤としてはうまく機能して
いたものの、電気接点を持つものには接点障害という問題が起きるというのを教わりまして、
変性シリコーンの充填材に変更しました。(先日封止したものも再び開封した上で封止し直しました。)
https://sts-presents.com/STS01/shikujiri/sllicone2/

Pebble2HRはハートレートセンサーのケーブルが邪魔でしたが、なんとかなった形です。
はみ出したシリコーン樹脂は、固まった後で簡単に落とすことができましたので
回路に影響しない程度に多めに塗って蓋をはめ込んだ方がいいように思いました。

今回グレーを選んだのは、変性シリコーン充填材に半透明品がなかったことと、白と黒の
間の色ということで、封止部分がわかりやすいのでかえって良いかなと考えた結果です。

まだ黒のケースは5個ほどあります。