あおしまの日記

あおしまさんの日記らしいです。個人的に興味がある事を時々書きます。スマートウォッチPebble日本語パックを作成、公開しています。

最近のAndroid(6以降?)でPebbleを日本語化するコツ

最近のAndroid(6以降?)でPebbleを日本語化するコツ

いつのまにかこういう事になってて私も困っていたので、メモがわりに書いておきます。

Androidスマホから、日本語化ができなくなっていた!

最新のPebbleアプリに更新をした、Android5か6以上のマシンで、.pblや.pbzのファイル(言語パックや)がPebbleアプリと関連づけられず、日本語パックのインストールができなくなっていました。
Androidには「ファイル拡張子とアプリとの関連付けを」「消す」事はできても「作る」事ができません。

そこで、なんらかの方法やルートで、Pebbleアプリにファイルを渡してあげる方法を模索しました。
10個ほどアプリを試し、たどり着いた方法が以下です。

日本語化する手順

  • まず、日本語パックをどこかにダウンロードします。
  • ファイルショートカットV2をインストールします

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nagopy.android.fileshortcut

  • ファイルショートカットV2を起動します
  • アプリ内で「ファイルを選択する」で日本語パックを選択
  • 「ショートカットを作成する」
  • ホーム画面にショートカットができる
  • そのショートカットを起動
  • すると、Pebbleアプリが介入してきて、pblファイルを入れるか確認してきます
  • OKすると進行します。

Pebble-Rebbleについて注意喚起

Pebble-Rebbleというアプリがあります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.evendanan.robotic_pebble

このアプリは、Rebbleへの移行の補助し、言語パックなどのファイルをPebbleアプリに橋渡しをする機能「だけ」を持つアプリです。
確かに便利ではありますが、このアプリを使用する際、Rebble認証にGoogle認証以外の認証方法がエラーになる事例も報告されています。
また、Google認証をこのアプリ下で行う必要がり、そのログイン記録に不自然な端末名が出るなど、(私の場合はSamsungGalaxyNexusと出ました)端末のなんらかの操作、またはGoogleアカウントの窃取が疑われます。
アプリ評価欄に他の方の同様の記載があります。(英語)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.evendanan.robotic_pebble&hl=en_US&reviewId=gp%3AAOqpTOEgzhdHPPqhkv1c1TtOal0ck6LXSYq58Gux5kQQg_CcCgDzEptOVmuxZqdpTWir-ISiGh8qNlLNJGZCvQ
よって個人的には、このアプリを使わなくて済むのであれば、使わない方が良いと考えます。

PebbleSteelを分解した

PebbleSteelを分解した

個体について

人体実験的な意味で、PebbleSteelを分解してみました。
ジャンク無保証で入手した個体、BT接続のたびにリセットが起こり、なおかつOS1からアップデートもされていないものでした。
バッテリーもへたっているようでした。

裏蓋を開ける

T3ドライバが必要です。

蓋はバイブレータ*1で強固に両面テープでつながっているので、上側(モデル名やシリアルが書かれた方)からゆっくり開けていき、両面テープが中途半端に剥がれたところで、マイナスドライバーなどで両面テープをつついてはがしつつ開きます。

電池を剥がす

両サイド側からヘラの様なもので非常にゆっくり剥がしていきます。
電池本体に変形の力、パッケージに直接ドライバなどを食い込ませると、最悪発火爆発します。
うまくスポンジが剥がれると、リード線だけでプラプラした状態になります。

回路ユニットを外す

四隅に爪があるので、プラスチックのフレームを内側に撓めながら、爪を外していきます。
表示パネル以外の部品が固まったユニットごと外れます。



f:id:aoshimak:20190129173702j:plain

コネクタを外す

ガビガビ病で有名になった接続コネクタ(左下端)を外します。これはサイドボタン、充電端子が実装されたフィルム回路につながっています。

回路を外す

フレームから回路を外します。
回路基板の両サイドのフレームを外に撓めると外れます。
バッテリ、バイブレーターも一緒についてきます。



f:id:aoshimak:20190129173724j:plain


バッテリーを外す

回路裏についているオレンジ色のフィルム線を外します。
半田ごてが要ります。
なかなか溶けなかったので、Pbフリーハンダかもしれませんね。

バッテリーは、402222の130mAhでした。*2



f:id:aoshimak:20190129173740j:plain


バッテリーをつける

プラス、マイナスに気をつけて、同様な仕様のバッテリーをつなげます。
リード線のバッテリでも、取り回し方によってはうまく収まります。

逆に組み立てる

行程を巻き戻します(略)

結果

BTでのリセットが治りまして、OS1からのアップデートも出来ました。
壊れてもいいやと思ってバラしましたが、結果としては完全復活です。

*1:ボタン電池の様な形

*2:別個体では、402323の150mAhだったこともあります。

Rebble的Pebble環境を1から構築する

Rebble体制になってから初めてのセットアップなので少し手間取った。わかってしまえば簡単な話なので、メモ書き程度に書き留めておく。

  • スマホのセットアップが完了したら、とりあえずGoogleにログイン
  • GooglePlayから、Chromeを導入
  • GooglePlayから、Pebbleアプリを導入
  • Chrome内でGoogleにログイン
  • そのままだとPebbleアプリはうまく起動しないので、ほっといてChromeを起動して http://rebble.io に行く。
  • YourAccountをクリック。
  • Rebbleにアカウントがあればログインする。(私はGoogleアカウントで設定したので、それでログイン。)
  • You are all set!の表示が出たら、文中最初の行の「get started now!」をクリックするか、http://boot.rebble.ioにアクセスする。
  • そうすると何だかよくわからないがPebbleアプリのセッティングが進行する。

動作を見た感じですと、WatchAppなどの情報はうまく移管されているようでした。

新しいスマホに切り替えた

普段はガラケーと小型スマホの2台持ちにしていまして、スマホの方にPebbleを紐づけして運用しております。
そのスマホ*1のホームボタンなどの機能キーのあたりが反応しなくなり、アプリの切り替えが大変になったので、チラチラ見ていた中古市場でXperia X compactを購入。たぶん香港版。でも昔の香港版みたいに怪しい中華アプリが入っていたりもなかったので筋は良かった。Android8に更新済み。品物自体も美品。

*1:XperiaZ3Compact。BrexitのタイミングでUKから中古で購入し2年ほど使用。