あおしまの日記

あおしまさんの日記らしいです。個人的に興味がある事を時々書きます。スマートウォッチPebble日本語パックを作成、公開しています。

Pebbleサーバー停止に寄せて

Pebble社のWeb上のサービスは、6月いっぱいで停止するというお話でした、が、現在7月3日時点では、まだAppStoreなどへのアクセスが可能です。このタイミングで、まとめて書いておくのもいいかなあと思って、つらつら書きます。

Fitbitへの身売り解散から1年半、もう無くなった会社にしては素晴らしいソフトランディングであったと思います。

私自身は、まだPebbleTime/PebbleTimeSteelを使用しています。そして今後はよくわかりませんが、Rebbleへの代替サービスの移動も始まろうとしています。

私は音声サービスも使っていませんし、気の利いたアプリを使ってもいません。しかしSMSの送受信と、なにかスマホのメッセージが受け取れるだけのインフォメーション端末として、Pebbleはまだまだ代替機器は存在しません。私にはヘルストラッカー機能はいりません。*1

ただ腕で時計を表示しつつ、リアルタイム情報の送受信の補助をしてくれる、それだけの簡素な機械が、他社によって代替される気配すらないというのが虚しいところです。

Pebbleサイトなき時代に備えて

そこで、自分の使う範囲での保守は自分でやろうという事で、以下のサイトを参考に、watchfaceやらFirmwareやらを確保しました。
https://github.com/takumaniihara/PebbleMemo

また、Pebbleアプリ(スマホ側)は、最後の更新が行われた模様です。(個人的には言語パック、Fwの更新画面はスキップできるようにして欲しかったんですが。)

日本語言語パックについて

そして、日本語言語パックにつきましても、改良の過程で呆れるほど数を作りましたが、これ以上改良のご意見もないようですので、全機種向けの最終形でありますakt10、Fw3系モノクロ旧機種用のaktmono、拡大文字用のapkbig3を除きまして、公開を停止させていただきました。

つきましては、今後、Pebbleの日本語言語パックにつきましては、当ページより以下の3つの中から用途に応じて取得してください。全て.pblファイル単体でのダウンロードができるようにしてあります。

追加

以下の日本語パックを作成しました。メニュー翻訳が欲しい方向けです。.pblファイル単体でのダウンロードができるようにしてあります。

最後に

私はPebbleはまだまだ使っていくだろうと思います。その間ぐらいは、私のできる範囲で、ユーザーさんの支えになることを、細々続けていこうかなあと思っています。

*1:心拍計はどうも腕がかぶれます。